www.borderhack.com

やっと取引する時という場合では、何よりも下準備を手抜きしてはいけません。売買を行う前ならば、相場を合理的に見ることができる余裕があります。だが、トレードの中へ踏み込んでしまうと、何をしても捉え方が客観性を欠くものになり往々にしてちゃんとした見方ができなくなるリスクがあります。それゆえに自らの精神が論理的なうちにちゃんとした準備を進めておくことが大切なのだ。この”準備”とは、はじめは己の台本を書くことから始めます。未来の市場は上がる(または下がる)からNZドルを勝負するというふうに自分だけの台本を書いていきます。次に大切なのは時間足チャートを見ましょう。為替相場の推移を調べて、現時点の相場を見ます。そうすると、「今現在は低い水準にあるな」あるいは「もう大多数の方が仕かけているから、これから先慌てて買い(または売り)してももはや遅すぎるな」などと見えてくる。言うまでも無くもはやしかけるのがやりようがないと感じたら、エントリーしないで、この場面では吹っ切ることが必要です。どうあがいてもあなたの台本を押し通そうとして吹っ切らずに新しく注文すると相場にやられてそればかりかマイナスになる可能性があります。そうは言っても大体の場合では準備が出来ている自身の物語を作り上げていれば売買が遅すぎるというケースにはならないだろう。おそらく、現実に市場が動意する前のはずだから。その次は、差し当って自身がエントリーしようと検討しているポジションの変動を、しっかり把握する事が大事です。例えば円安になるという脚本を描いたのであればドル円の変動に気をつけておきます。外国為替市場の動きを注目し始めた場面では、まだドルは大きく上下動する雰囲気を見せず、上や下にちょっとした上げ下げを繰り返しているだけだろう。でも、その上下動をきちんとチェックしているとある場面でじりじりと円安の方向へと外国為替相場が変動し始めます。ここでやっと、ドルの新規注文を出すのだ。基本的に、そこまで十分に計画をやっておけばその売買で勝てる確率は高まります。

コンテンツメニュー