www.borderhack.com

初めてエントリーする時という場合には何よりも事前準備をしなくてはいけません。相場に入る前であれば、場面を落ち着いて観察する事のできる余裕がある。だがしかし、一度マーケットの内部に深入りすると、どうやっても捉え方が自分勝手なものになる場合があり、肝心な時にちゃんとした状況判断ができなくなる危険があります。その分自らのメンタルが論理的な時に適切に準備が大切なのだ。”準備”のためには、とにかく物語を書くことから行います。明日からの相場は下がる(または上がる)からこの通貨を勝負するというふうに、自分の筋書きを書いていきます。次に大切なのは時間足チャートをチェックしよう。それまでの為替相場の上下動をチェックして値段を調べます。そうすると、「現時点では過度に高い状況になっているな」など、それとも「もうすでに多くの人が売買しているから、この後自分がしかけてももはやなすすべがない」などと分かってきます。当然、すでに売り(または買い)するが遅すぎるなと思ったら手を出さないで、その状況では潔く諦めることが肝心。あなたの物語を譲らずに割り切らずに取引するとマーケットに跳ね返されてしまい損することになる危険があります。ただしかなりの場合、準備が出来ているあなたなりの台本を思い描いていると買い(または売り)が手遅れという状況にはなりません。大方、現実に外国為替市場が変動する前の状態のはずです。更に、とりあえず自分がエントリーしようと考えている通貨ペアの上下の動きをきちっと確かめる事が大事です。ドル高が進むはずだというストーリー展開を描いたのであれば、ドルの推移に気をつけておきます。市場の変動を気をつけ始めた状態では該当の外貨は誰の眼にも明らかに上下動する気配を見せないで、上がったり下がったりわずかな変化をしているだけでしょう。だけど、その動きをじっくりと確認していると、ある位置でドル高の方向へと相場が推移し始めます。そこでやっとドル円のエントリーします。通常は、注意深く準備を考えておけば、そのトレードで勝つ割合はぐっと高くなります。

コンテンツメニュー